新潟県央工業高校登校風景

新潟県央工業高等学校の校章

イメージ

校章の図形は三つの図形で構成されている。

一つは、漢字の「人」のような図形であり、これは信濃川と五十嵐川が合流する県央の地形を表している。
一つは、外側の三角形であり、前身である燕工業高校の校章の図形である。その三角形と円弧は、知識、心情、意欲と豊かな人間性を表し、技能を積極的に学びとるという覚悟の結集を示している。
一つは、内側の三角形であり、前身である三条工業高校の校章の図形である。その三角形と三本の線は、安定と秩序、協調、団結を表し、若いエンジニアの理想を示している。
これらの三つの図形を合成した形は、人が真中に立っている状態を記号化した象形文字の「央」を表し、前身である二つの学校が目指した理想と伝統を引き継ぎ、発展させていくという覚悟を示している。

校章は佐藤則雄氏(三工S42年卒)作成。


新潟県央工業高等学校校歌

作詞 藤沢  周
作曲 清水 研作

1 清廉の雪 弥彦(いやひこ)

  光胸にしテクノロジスト

  風(きらめ)いて無限なる

  信濃川から学びては

  宇宙を創る情熱と 平和を咲かすわれらが母校

  新潟県央 県央工業

 

2 まばゆい飛沫(しぶき) 日本海

  銀河と結ぶエンジニア

  新たな波涛に力浴び

  協調の歌響かせば

  自主創造の魂と 愛生む知性のわれらが母校

  新潟県央 県央工業

 

3 穏やかなるか 青雲の

  みなぎる息吹スペシャリスト

  広ごる自然(じねん)の叡智受け

  秩序の調べに満ちたれば

  熱き慈愛の友情と 未来を築くわれらが母校

  新潟県央 県央工業

新潟県央工業高等学校校歌を再生


平成23年度卒業式での校歌熱唱